DHA サプリ 受験生

受験DHA

知育

ストレスをなくすためにも大切な働き

投稿日:

近年になって排便に問題を抱える子が急増しています。便秘がちなおこちゃまというのは、疲労感をすぐに感じたり、集中力が散漫になるなど体調不良を訴えます。スッキリしていないことが発覚したらすぐに対処しましょう。小児用の便秘薬(妊娠中に服用すると、早産や流産の恐れもあるといわれています)や浣腸などがありますが、それはあくまで緊急手段ととらえて使い過ぎに注意です。出来る限り本来の排便力を回復できるよう食物繊維の多い食物や規則正しい生活を必要なことを備えてあげましょう。おこちゃまの毎日のお通じをしっかり指せ、その大切さを認識指せるために必要なのが、おこちゃまとのコミュニケーションです。しっかり朝食事を摂って、もよおしたらトイレに行く、その流れを身に着けるようにサポートしましょう。そうやって、日々のうんちの様子が身体の状態を伝える基準であることを理解指せましょう。理想的な便というのは、においもほとんどなくて、バナナ状のもので落ちた時は浮きますが、徐々に沈殿していく感じです。最近の若者は背がスラッと高くて手足もギュンと長くなっており、以前よりずっとスタイルがいいです。この背景には炭水化物(重要なエネルギー源の一つで、必要不可欠な栄養素です)が多くなる日本古来の食事から動物性食品の摂取が多い欧州や米国のようなタイプに社会全体として傾いてきたからです。ところが、生活習慣病など以前は日本人に無関係だった病も増加してきています。さらに懸念されるのは小さい子の太りすぎや生活習慣による病気も増してきている点です。幼い時期は生活習慣をしっかり指せましょう。夜遅くまで目を覚ましていると、朝に起きる時間も遅くなるので、生活時間も段々ズレが生じていきます。その結果、自律神経系統の制御を狂わせて、年齢が上がると伴に、心と体の不具合が生じることもあります。幼児の頃の理想の睡眠時間は、晩は20時から翌朝は6時起きという10時間睡眠です。このリズムが3歳ごろまでに習慣化されていると理想的です。子どもがのどが渇い立という時には、ジュースやお茶類ではなく水を与えるほうが勝っています。不要な成分が入ってないため、細胞に吸収されるのが早いのです。特に起きてすぐに水をコップ1杯飲用すれば、胃に対する反射で交感神経が亢進し胃や腸はは盛んに動くようになります。食べたい欲が高まりますし、冷えた水のさわやかさによりシャキッと頭も冴えることになります。寝ることは不安や心配を和らげたり、ストレスをなくすためにも大切な働きがあります。まだ成長期の子の場合、それと一緒に脳の発達に関してもとても大事な分野となります。ですから、しっかりと睡眠時間を確保するのは、これから成長していく子どもの脳をしっかり作り上げる点でも大事なのです。もし睡眠障害が長くつづくと、大脳がしっかりと発達しないという事態にさえつながります。水というのは体内では体液や血液としてあちこちに存在し、欠くことの出来ないものです。水の恩恵を改めて考えると、大腸の動きを刺激し便秘予防に役立ったり、美しい肌作りに貢献したり、食前の飲用が消化を促進したり、汗をかくことや尿を出すことを促進して排泄すべき老廃物などを除去するのに役立っています。さらに疲労を感じた時やいら立つ時もそれらを和らげる作用もあるのです。青汁にたくさん含有されるビタミンは、それ以外のイロイロな栄養をサポートする、身体の生理作用がスムーズにいくようサポートするなどの役目があります。全身の37兆以上の細胞を活性指せ、病気に打ち勝つ免疫力を維持するために、まあまあ大事な任務を負っていますからす。パセリや大根などの野菜だったりマンゴーやチチイヤなどのフルーツを通して摂取できるビタミンは免疫力を高めるための白血球の力を高めます。

-知育

Copyright© 受験DHA , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.