DHA サプリ 受験生

受験DHA

知育

脳をしっかりつくり上げる点でも大事

投稿日:

すぐにイラっときたり、少しのことで激高するおこちゃまが急増しているとも言われています。子どもも多くのプレッシャーを感じているからでしょうが、食べるもの、とりワケ白砂糖の摂りすぎとも関係が深いようです。糖分の摂取が多すぎると低血糖症(低血糖の要因としては、極端な空腹状態、血糖値を下げる薬の過剰摂取、インシュリン注射などです)の症状が現れます。精製された砂糖などの糖質は血糖値を急速に高めます。その変化を止めようとして膵臓から多量に出されるインスリンが低血糖からくる神経症状が現れます。幼児の頃は規則正しい生活習慣を身につけ指せましょう。遅い時間に寝ると、起床時間も遅れてしまい、生活リズムは徐々に狂っていきます。それが自律神経のコントロールも乱して、成長する過程において、身体と心の平衡を崩すことも考えられます。2~3歳児のベストの睡眠時間は、夜は8時までに寝て、朝は6時起床という感じです。このリズムが3歳ごろまでに習慣化されていると理想的です。子どもらの脳みそはほんの3,4歳で大人の8割以上にも大きくなります。アトは与えられた刺激によって向上していき、言うならばトレーニングで筋肉が強くなっていくかのように、知的トレーニングをおこなうことで向上していきます。特にカルシウム・ビタミンB1などの成分は脳機能の発達を支える栄養素です。付け加えるとDHAやEPAには神経細胞のリンクを円滑にする作用があるのでしっかり摂取したいところです。野菜ジュースにはミネラルが多く含まれます。ミネラルは体をつくる元となると一緒に、食べたものを消化し分解すること、老廃物を排泄すること、体内活力の産生など生理作用をいい具合に整えるはたらきがあります。そして野菜には便秘を防ぎ、腸内をきれいに掃除してくれる食物繊維がたっぷりあるのです。こうした栄養は体の中で合成することはできませんから、食事によって摂取することが大切なのです。最近の子というのは背丈がスーッと高くて手足の長さもサーと長く、以前の人よりカッコよいスタイルをしています。これというのもコメを主とする和的な食習慣から肉をよく食べる欧米人の食習慣に生活がチェンジしてきたためです。一方では、心筋梗塞や糖尿病など昔は日本には縁がないと思われていた病気なども多くなっています。そして気がかりは小児の生活習慣からくる病気もどんどん多くなっていることです。就寝は苦しみや辛いことを薄れ指せたり、ストレスをためないようにサポートするのにも有益です。まだ成長期の子の場合、それと一緒に脳の発達に関してもまあまあの影響を与えます。そんな理由で、ぐっすりとよく寝ることは、これから成長していく子どもの脳をしっかりつくり上げる点でも大事なのです。仮に睡眠に関して大きな問題が継続するなら、脳神経が十分に成熟しないという状況もありえます。お子さんの身体を育てるのが食べ物です。食べ物があらわす効果は、薬以上の影響をもつ事もあるでしょう。おこちゃまの日々食べているものこそが成長や発達のカギといえるほど関係します。周りの成人、中でも親としては、それを頭の置いたうえで子どもを育てなくてはなりません。食べ物が病気知らずの身体づくりにもひとかたならぬ効果を示しますし、頭脳の成長にもとても大事です。水分は血液・体液として人体のにおいて、必須のものと言うことができてます。水の恩恵を改めて考えると、大腸の動きを刺激し便秘予防に役立ったり、潤った肌をつくるのに助けになり、食前に摂取すると食物の消化を促進したり、排尿と発汗の流れをサポートし毒素や老廃物の排出に貢献しています。そして疲れやイライラに関してもそれに対する鎮静作用もあります。

-知育

Copyright© 受験DHA , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.